2018年02月16日

  • お献立
  • はつはなブログ

如月お献立 ~八寸、合肴~

皆様こんにちは、酒井です。
はつはな前の青空が一段と綺麗でしたので、写真をお載せします♪

晴天の日は、星空を綺麗にお楽しみいただけることが多く、露天風呂に浸りながら見あげる星空もまた格別です。

お豆腐は、菜の花豆腐です。
胡麻豆腐に散りばめた、菜の花のほんのりとした苦味に少し先の春をお感じいただけます。

お隣は、すりおりした大和芋と蟹身、お出汁と隠し味の生姜を加えてお作りしたズワイ蟹の薯蕷(じょうよ)寄せです。
「薯蕷(しょよ)」とは山芋の漢名ですが、“じょうよ”と音が変化し、すりおろした山芋を用いた献立名として使われるようになりました。

一口サイズのお寿司は、のどぐろ小袖寿司です。
脂ののったのどぐろと、胡麻いりのシャリは相性がよく、思わず笑顔がこぼれる一品です。

柊の葉を添えてございますのは、鰯文化焼きです。
じっくり焼き上げた鰯と自家製マヨネーズの相性をお楽しみください。

続いて合肴は、鮟鱇竜田揚げ味噌鍋です。
冬の冷たい海でキュッと身が締まった鮟鱇を竜田揚げでお楽しみいただきます。春の産卵に向けたっぷりと栄養を蓄えた鮟肝も贅沢にお入れしています。鮟鱇の旨みあふれる味噌仕立てのお鍋に、バターのコクとピリッと辛い糸唐辛子がアクセントです。

日差しは少しずつ春めいてきましたが、空気はまだまだ冷たい今の時期。はつはなのお料理で身も心もぽかぽかに♪
冬ならではのお料理をお楽しみくださいませ。

月別アーカイブ