2018年05月05日

  • 歳時記

端午の節句

こんにちは、茅原です。
心地よいお日和が続いていますね。緑もどんどん豊かになりました。
皆様はどのようにゴールデンウィークをお過ごしいただいていますか?
本日は5月5日、こどもの日であり端午の節句の日でもあります。まめちしきをご紹介いたします。

「端午の節句」(たんごのせっく)

端午の節句は現在では男の子の節句として祝われていますが、昔は女性のためのお祭りでした。田植え前のこの時期に女性は、邪気を祓うとされる蓬(よもぎ)や菖蒲(しょうぶ)で屋根を覆った家にこもって身を清めたとされています。それが時代を経て、江戸時代になると菖蒲が尚武(武を重んじるの意)に通じるとして、男の子の無事な成長を祝うようになり今日に至ります。
菖蒲の葉には芳香があり薬草として用いられ、この日には病気や厄災を祓うとして菖蒲湯に入る習慣があります。また、端午の節句に欠かせないのが柏餅や粽(ちまき)ですが、柏餅に用いられる柏の葉は、若い葉が出ないと古い葉が落ちないことから、跡継ぎが絶えないようにと願って食べられるようになりました。

「和食検定」より
はつはなではこの期間限定!?ミニミニ柏餅をお食事のどこかに提供しております♪
どこで出てくるか、お楽しみになさっていてください!

月別アーカイブ