2018年08月30日

  • はつはなブログ

箱根湿生花園のご紹介

 皆様こんにちは、金澤です。 
先日、お休みを利用しまして仙石原にございます「箱根湿生花園」に行ってまいりました。
箱根湯本駅から「桃源台」行きのバスに乗り、約20分。
湿原を始めとし、川や湖沼などの水源地に生育している植物を中心とした植物園。
実はこの「箱根湿生花園」は日本で初めての湿生植物園です!

そんな日本初の箱根観光スポットを
皆様にご紹介したいと思い、
本日はこちらの内容をお届けいたします。

 園内には、低地から高山まで日本の各地に点在している湿地帯の植物が200種、
草原や林、高山の植物1100種が集められ、その他珍しい外国の山草も含めて約全1700種の植物が咲いています。
園路には木道が整備され低地から高山へ、順に見て周れるようになっています。
また、エリアごとにテーマがいくつかあり
ススキ草原や広葉樹の林、仙石原に生育する湿原植物や、富士山や大雪山などに生育する高山植物、
四季折々様々な景色が楽しめます。
春には二万株のミズバショウ
夏には絶滅危惧種にも指定されているミズチドリやミズトンボなどの野生蘭
秋にはキキョウ、オミナエシ、ススキにナデシコ、秋の七草が見られます。
冬季は春に向けての準備をするために休園してしまいますが、
その分春には色とりどり華やかな花が溢れんばかりに咲き誇るでしょう。

 先日植物園に行った際には、すでに園内は秋の色に染まりつつありました。
秋には箱根の見どころの一つである仙石原のススキ草原も見頃になります。
「箱根湿生花園」とススキ草原あわせて箱根の秋を満喫して頂けたらと思います。

 更に「箱根湿生花園」では9月24日に『箱根すすき祭り』を開催するそうです。
箱根のホテルや旅館の料理がワンコインで堪能できるお店や、ライブ、夜のライトアップ
そして花火も打ちあがるそうなので、ぜひ遊びにいらしてください!
 

月別アーカイブ