2017年12月25日

  • お献立

師走お献立より ~八寸~

みなさまこんにちは、茅原です。
はつはなの公式サイトもリニューアルし、気持ち新たにブログも書いております。

本日は師走お献立より八寸のご紹介です。

師走お献立 ~八寸~師走お献立 ~八寸~

ガラスのお猪口にございますのが、「公魚(わかさぎ)南蛮漬け」です。漢字で「公魚」と書きますが、とても「わかさぎ」とは読めませんよね。
不思議な漢字の由来は、江戸時代に、かつての常陸国(ひたちのくに、現在の茨城県)麻生藩が、十一代徳川将軍・家斉に年貢として霞ヶ浦のわかさぎを年貢として納めました。公儀御用の魚であった、ということでこの漢字が充てられるようになったそうです。
右手には「赤甘長唐辛子豆腐」です。唐辛子、の名前が付いておりますが辛くない、ちょっと不思議な唐辛子で、京都の特産品です。赤万願寺唐辛子のペーストと胡麻、葛をねりあわせたもちもち食感のお豆腐です。
「菜の花と揚げ長芋の生ハム巻き」菜の花と長芋、食感の違う食材を生ハムがうまくまとめています。
「河豚皮煮凝り」ふぐといえば冬の味覚の代表ですね。河豚の身皮をお出汁で合わせて、口の中でとろけ出す煮凝りです。また、はつはなでは、てっさやてっちりと河豚を存分にお楽しみいただける季節限定、河豚懐石もご用意しています。
「厚焼き玉子」お魚のすり身にはちみつを合わせて、ほんのり甘く優しい口当たりに仕上げています。
葉っぱの上には「猪肉牛蒡バルサミコソース」いのししのお肉と聞くとびっくりする方も大勢いらっしゃるかと思いますが、洋食ではジビエとして、和食でもぼたん鍋などの食材として古くから親しまれています。
味わい深い肉の旨味に牛蒡バルサミコソースの酸味がよく合います。
「小鯛棒寿司」さっぱりとお召し上がりいただける、一口のお寿司です。
間もなく、2017年も終わってしまいますね。皆様にとっての一年はいかがでしたか?
はつはなではお正月に向けて、着々と準備を進めております。もうすぐラウンジには大きな凧を飾る予定です♪

月別アーカイブ