2019年07月03日

  • 歳時記

七夕飾り

 七月に入り、はつはなのレストランの入口にも、七夕飾りが飾られています。


 今回はそれにちなんで、七月で最も有名な七夕についてご紹介いたします。
皆様はこれを「たなばた」と読みますか?それとも「しちせき」と読みますか?
七夕は、江戸時代の大切な式日、現在でいう祝日のようなもので五節句の一つであり、節句のうちでは、正しい読み方は「しちせき」です。
ではなぜ「たなばた」と読むようになったのか。
それを明かす前に、七夕の由来からご紹介します。


もともと七夕は「乞巧奠(キッコウデン)」という中国の風習からきたものです。
織姫が機織に秀でていたことから、その織姫にあやかって機織や縫い物が上手くなるようにと、7月7日の夜に針や糸を供えて星に願いをかけたのが始まりだそうです。
この風習が日本に伝わり日本では7月7日の夜に女性の祭りとしてひらかれるようになりました。
しばらくして、そこに有名な織姫・彦星伝説が加わり良縁を祈ることが加えられていったようです。


では七夕を「たなばた」と読むようになったのは、なぜなのか。
それは、上記中国から伝来された由来に合わせて日本古来の「棚機津女(タナバタツメ)」の伝説も複合されて出来あがったものだからです。
機で織った布を神に供え、村を病気や災厄が起こらないように神に願う巫女のお話です。
この棚機津女伝説から先祖の霊を祭るために、機織をして織りあげた布を祖先の霊にお供えする行事が日本にはあったそうです。
中国から伝来した「乞巧奠」から現在の七夕の行事がうまれ、
機織から機を織る女性、日本の伝説「たなばたつめ」とつながり「たなばた」としての読み方が親しまれたとされています。


フロント 金澤

月別アーカイブ