2021年10月14日

  • お献立

神無月の御献立

こんにちは!二見でございます☺

夏が終わり、心地よい秋風が吹き抜け涼しさを感じる季節になりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

感染者の数も落ち着いてきて、やっと緊急事態宣言も解除されましたね!
そのおかげか、徐々に箱根も活気を取り戻しつつあります!

お酒もついに解禁となり食欲の秋も倍増しそうです!!

早速ですが、10月の御献立を紹介させていただきます。

先附 始まりの一皿 ~秋の彩~

先附は「楚蟹薯蕷菊花寄せ(ずわいがにじょうよきっかよせ)」でございます。

二層になっており下の部分は大和芋のすりおろしや牛乳、楚蟹を合わせて寒天で固めております。
上の部分はお出汁のゼリーの中に黄菊ともって菊をお入れし固めております。

黄色や紫色の菊の花が鮮やかに懐石の最初を彩ってくれてます!

八寸 ~香り・食感・華やぎ~

「通草(あけび)紅芋」 紅芋で通草に見立てております。中にはランプキャビア(ランプフィッシュという魚の卵)で種を見立てております。

「鵜玉(うだま)柿見立て」 うずらの卵を紅茶で染めて柿に見立てております。ヘタの部分は昆布、軸は揚げたお蕎麦でおつくりしております。

「里芋飛龍頭(ひりゅうず)田楽」 木綿豆腐と魚のすり身、卵、とろろなどにペーストにした里芋を合わせ、木耳や人参を混ぜ込んで蒸して揚げております。上には田楽味噌をお乗せしてます。

他にも「鶏肝松風」、「金太郎鱒棒寿司」、「菊菜豆腐」もご用意しております。

煮物椀 ~一番出汁に想いを乗せて~

「蓮根餅」の煮物椀でございます。

すりおろした蓮根と白玉粉を合わせて蒸してから揚げております。
御殿場のブランド鶏「御殿場太陽チキン」も入っております。

白玉粉を使用していますので是非もちもちとした食感もお楽しみください!

焼肴 ~秋の味覚を焼き上げて~

焼肴は「カマス酒盗オイル焼き」でございます。

カマスを昆布出汁と酒、塩を合わせたものに漬け、酒盗(鰹の塩辛)とオリーブオイルを合わせたものを塗りながら焼いております。

隣に添えておりますのが「きりたんぽ荏胡麻(えごま)焼き」でございます。
秋田の郷土料理きりたんぽに西京味噌、信州味噌、甜麺醤(てんめんじゃん)などと煎った荏胡麻を合わせた味噌を塗って焼いております。

酒盗の香りがまた食欲をそそり、お酒にもぴったりです!

合肴 ~相州牛の味わいと柚子胡椒の香り~

合肴は「相州牛すね肉スープ煮」でございます。

相州牛は神奈川県のブランド牛で、南足柄の広大な峰で富士、丹沢からの清らかな水とビール粕や豆腐粕などの発酵飼料を与えて大切に育てられたお肉です。
そのお肉を5時間ほど柔らかく煮込んだスープと鰹出汁、薄口醤油などを合わせて味付けしております。

すね肉の旨味たっぷりでグラスでお出ししている赤ワインにもよく合います!

柔らかいすね肉と柚子胡椒のぴりっとしたお味のアクセントを是非お楽しみくださいませ!
10月のお料理はいかがだったでしょうか。

是非ホテルはつはなで秋の味覚を存分に満喫していただきたいです☺!

日ごとに秋が深まり、朝、晩は冷え込みますのでお体に気をつけてお過ごしくださいませ。

皆様にお会いできる日をホテルはつはな従業員一同お待ち申し上げております!!

仕入れの状況により内容が変更する場合がございます。ご了承くださいませ。

 

月別アーカイブ